出会い系体験談

【出会い系体験談】地味でおしとやかな熟女の欲求不満解消セックスはギャップがやばすぎた

熟女とセックスした体験談

どうも、五十嵐の出会い系体験談の管理人、五十嵐です。

今回は、地味な熟女奥様とセックスできた出会い系の体験談を紹介します!

びっくりするくらい地味だったので、会った時に帰ろうかなと悩んだくらいでしたが、セックスになると豹変してギャップで興奮してしまいました。

地味な熟女でも、出会い系でちゃっかり不倫相手を探してると考えると、普段会社にいるような真面目なおばさんも実は出会い系に登録してるんじゃないかと勘繰ってしまいます笑

てなわけで今回使ったサイトも『PCMAX』です。

地味でおしとやかな熟女と出会い系で知り合った

ある日、出会い系でポチポチメッセージを送りまくってると、割とすぐ返事が返ってきました。

好みところに「筋肉質」と書いてあったのでアピールしたのが効いたのかもしれません笑

さくっと2通目でラインゲットです。

ラインは仲良くなってからという人がたまにいるんですが、そういう人は時間と金の無駄なのでブッチしてます。

そういう人はおそらくホテルへ誘っても「仲良くなってから」とか「付き合ってから」とかめんどくさいことを言うようなタイプなので笑

ちなみに、今回知り会えた女性は千秋ちゃんという女性です。

  • 既婚
  • 年齢 43歳
  • 職業 銀行員
  • 体型 スレンダー(プロフィールより)
  • 趣味 読書

こんな感じで、真面目そうな熟女でした。

ラインにて写真を交換しましたが、めちゃくちゃ地味な感じの女性でした。

出会い系をやっている理由を聞いてみると、旦那が仕事の関係で夜の店に頻繁に行くそうで、仕返しもこめつつ暇だから少し遊ぼうかなと火遊び的な感じで始めたと言ってました。

そんな感じで、LINEでのやりとりを続けつつ、1週間後に会うことになりました。

その日は旦那がゴルフで泊まりらしく、お泊りまでありかなと期待値が高まります。

地味な熟女と居酒屋デート

待ち合わせの駅で待っていると、デニムにユニクロっぽいカーディガンを着た眼鏡をかけた女性が向かってきました。

写真より地味だな、、、そう思いつつもこちらに向かっているのでもう逃げられませんでした。

「五十嵐さん?おまたせしてすみません」

柔らかな物腰でおっとりとした礼儀正しい女性で、とても出会い系をやるような感じに見えませんでした。

高校の時は茶道部や吹奏楽部だったんだろうなというレベルに地味です笑

あいさつを終えて食事に行くことにしました。

プロフィールに「お酒はたしなむ程度です」と書いていた千秋ちゃんでしたが、お酒を飲みつつ徐々に饒舌になってきました。

「男のひとってどうしてずっと遊び歩くんだろう」

旦那さんが夜のお店ばかり行ってることが気に食わない様子でした。

「旦那さんのこと好きなんですね。」

「子供がいないからねー。私九州から来たからこっちに友達もいないんですよ、、」

愚痴ばっかり言うのでこちらまでテンションが下がりそうでしたが、女性からベラベラ話をしてくれるのは気を許してくれている証拠なので、しばらく我慢しました。

しばらく愚痴を聞いてると、ラストオーダーの時間が来たので、そのままお会計を済ませて外に出ました。

「今日はご馳走様でした、次回は私が御馳走しますね」

1軒目で帰ろうとしてるという展開に焦りましたが、今日は旦那がいないというのは知ってるので落ち着いて対応します。

「よかったらもう少しおつきあいしてもらえませんか」

「もっと若い子と遊んだ方がいいですよー。」

「いや、千秋ちゃんがいいんです。」

このやりとりめんどくさいなと思いつつ、千秋ちゃんの手をとってタクシーを止めました。

「どこいくの?あたし降りるよ?」

「後で送るんで、1時間だけ付き合ってください。」

タクシーの運転手さんにラブホ街の名前を出さずに近くの交差点の名前を告げて送迎してもらいました。

「私と行っても何もいいことないですよー」

ホテル前についてもずっとグダグダ言ってきました。

ぶっちゃけめんどくさかったですが、これまでの時間を無駄にしたくなかったのでそのままホテルへ搬送しました。

地味な熟女はただのセックス大好きな変態だった

部屋に入ってから千秋ちゃんをそっと抱きしめました。

「ちょっとーだめですよー」

拒否する気のないレベルの抵抗をしてきましたが、無視してキスしました。

まだ恥ずかしがってるのか、舌を入れようとするとブロックされました笑

「キスなんて久々すぎて緊張する」

そういうと顔を赤らめて照れていました。

一緒にお風呂に入ろうとさそいましたが、「今日は恥ずかしいから今度ね」と断られ、別々にシャワーを浴びました。

シャワーを浴びてベッドにもぐりこみ、千秋ちゃんおタオルを脱がせると色白でスレンダーなさくらさんとカラダが現れました。しっとりと吸い付いてくるような質感がたまりません。

服装が地味だったので気付きませんでしたが、めちゃくちゃスタイルよかったです。

貧乳ではあるんですが、しっかりくびれていて腰回りが特にエロかったです。

キスをして、おっぱいを揉みながら小さな乳首に吸いつきます。

「ああっ。。。気持ちいい。。。」

喘ぎながら僕のちんこを触ってくれました。

下に手を伸ばすとさくらさんのアソコはもうしっとりと濡れています。ヌルヌルしたワレメを中指でなぞり、固くなったクリトリスを指の腹で刺激すると、

「ん〜」

と抜けるような声を出してもぞもぞ動いて感じています。

そのまま顔を近づけて69の上下逆verでマンコを舐めました。

「ああっ。そんなこと。。。気持ちいいっ。。。」

と喘いでいましたが、数秒息が止まり、そのままイってしまいました。

ハアハア言いながらパクッと加えてくれました。

「大きいねえ」

舌先で裏筋をペロペロと舐め、うれしそうに口に含むと、ジュボジュボと音を立てて喉の奥まで咥えこみました。

さすが人妻だけあって熟練のテクニックです。

さらに金玉をもみもみとされて、力加減がちょうど良すぎてめちゃくちゃ気持ち良かったです。

「入れて」

さくらさんは仰向けになりました。ビラが大きめのマンコが現れました。

ビラを開いて挿入します。

「あっ」

と両手で顔を隠しながら感じています。

その時の脇がエロかったので、正常位で動かしつつ脇を舐めました。

「いやっ、、」

そのままクリトリスを触りつつ脇を舐めながら正常位で付きました。

「ちょっ変なかんじ、、おかしくなっちゃううぅぅぅぅ」

「あはあっ」

突然大きな声を上げて腰を反ってそのままイッタようでした。

僕もいきそうだったので、そのまま突き続けます。

「ちょっと、くすぐったい、、、、」

イッた直後だったのでくすぐったそうにしてましたが、レイプしてる気分で興奮してしました笑

しばらく楽しんだ後そのままイキました。

服装のせいもあってか、かなり地味な女性だと思ってましたが、スタイルも良くて何回もイってくれるのと喘ぎ声が可愛かったのでめちゃくちゃ満足でした

熟女相手だとかなり珍しいんですが、そのままホテルに泊まって翌朝セックスして帰りました。

関連記事:高確率で熟女と会える出会い系サイトこれ!実際に使っているサイトのみ厳選

地味な熟女とセックスした体験談

化粧の濃い色気ムンムンの人妻だったり、めちゃくちゃ香水の匂いがきつい熟女だと、ヤリマンなのかなと思ってしまいますが、普通の地味な熟女でもやっぱり性的な欲求ってあるんだなあと実感したのが今回の収穫でした。

出会い系に登録する女性って、多かれ少なかれ男と会いたいと思っているわけですから、セックスするチャンスはゴロゴロ転がっているってことですね。

熟女と手軽にセックスしたいなら、一度PCMAX覗いてみて下さい。本物の素人熟女と出会えるでしょう!

\今なら1000円分のポイント付き/

PCMAX公式サイトはこちら

-出会い系体験談

Copyright© 五十嵐の出会い系体験談ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.